マネーパートナーズ CM 動画 ペンギンが歌う ジョイフルジョイフル FX 証券会社 讃美歌 ゴスペル

「Joyful joyful Oh, we adore thee 誰にとっても、1ドルを得る事は大変です。」

ペンギン達がニューヨークを舞台にゴスペルソングを歌い、生活費を稼ぐ映像が面白い、FXのマネーパートナーズのテレビCMのYouTube動画です。
このコマーシャルは証券会社のCMが比較的多い、テレビ東京のニュース番組「モーニングサテライト(モーサテ)」、「E morning」、「NEWS FINE(ニュースファイン)」のCM枠などで放送されています。

コンピューターグラフィックス(CG)によって描かれた、リアルなペンギン達

マネーパートナーズ ペンギン CM コマーシャル CG マネーパートナーズ ペンギン CM コマーシャル CG

マネーパートナーズのCMに登場するペンギン達は、実物やぬいぐるみではなく、全てコンピューターグラフィックス(CG)によって描かれており、ニューヨークを舞台にペンギン達が歌うCGが、違和感無く非常にリアルに作られています。

CMの曲には、ゴスペル/賛美歌として有名な「ジョイフルジョイフル(Joyful, joyful)」を採用


マネーパートナーズのCMでペンギン達が歌う曲のテーマソング(主題歌)には、ゴスペル/賛美歌として有名な「ジョイフルジョイフル(Joyful, joyful)」が、CMソングに使われています。

この曲は、クラシック作曲家のベートーヴェンが作曲した「交響曲第9番第4楽章」のメロディーに、1907年に歌詞が付けられたもので、有名な賛美歌の一つです。

「ジョイフルジョイフル(Joyful, joyful)」は、1993年公開のアメリカ映画「天使にラヴ・ソングを・・・2」で、アメリカの女性R&B歌手「ローリン・ヒル(Lauryn Hill)」が歌ったシーンが印象的で、日本でも有名な曲です。

マネーパートナーズCM「1ドルの重み 篇 」ストーリー

マネーパートナーズのCM「1ドルの重み 篇」のストーリー(あらすじ)は、マネーパートナーズのサイトに掲載されています。
以下、マネーパートナーズのサイトからの引用です。

なぜ、ペンギンたちは、ニューヨークへ渡ったのか。

マネーパートナーズ CM ジョイフルジョイフル ペンギン ストーリー 百年に一度と言われる金融危機が起った2008年。
南極では地球温暖化による食料不足が
ペンギンたちを襲っていました。
絶望の淵に追い込まれたペンギンたち。
そこで、7羽の若いペンギンたちは、
仕事を探すため、見ず知らずの土地へと出発します。
幾日も歩き、流氷を乗り継ぎ、太平洋を渡って、
辿り着いたのは夢の街、ニューヨーク。

しかし、大都会に辿り着き、喜び勇んだのもつかの間、
ペンギンたちには厳しい現実が待っていました。
来る日も来る日も仕事を探しますが、
仕事の経験のない彼らを雇うところなどありません。
彼らは1ドルの重み、1ドルの壁に打ちひしがれていました。

しかし、そんなある日、彼らはある光景を目にします。
街角で楽しげに歌う人々の姿です。
ペンギンたちは、大好きな歌をうたうことで
夢を実現しようと練習をはじめます。

そして、ついにニューヨークの街角で
彼らが歌を披露するその日がやってくるのです…。

マネーパートナーズFX マネパ 評判 口座開設 外貨両替 iphone 口コミ(トップに戻る)

マネーパートナーズFX 口座開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。